*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実を知ってください
お世話になっているペット里親会さんのブログからの転載です。


辛い現実がここにはありますが
目を逸らさずに、しっかり見て欲しいと思います。

「かわいそうなものは見られない」と言わないで。
マイキーも福ちゃんも、ガブやがんも、セブンやポンが
辿るかも知れなかった現実がそこにあるのです。

特に飼い主持込だったがんもとポンは
一日遅かったら、この世にはない命でした。

ガブも最終処分施設からレスキューしているので
危機一髪でした。

しっかり見て、考えてあげてください。


あなたに出来ること。



以下転載



北方ジャーナル 7月22日付けの記事




内容は以下になります。
--------------------------------
「札幌市動物管理センターの殺処分動画を公開」

市民に捨てられたペットが、いかに悲劇的な末路を迎えているのか。

発売中の本誌8月号では
札幌市動物管理センターを中心に犬猫たちの殺処分の現状をレポート、
カラーグラビアページでは処分後の死体の写真を掲載した。

これまで同センターは、報道機関への収容動物(処分前)の撮影は認めてきた。

しかし、二酸化炭素ガス注入による殺処分現場の撮影は
「市民感情を考慮して」という理由で拒み続けてきたという。

しかし、その一方で
「身勝手な理由で飼育を放棄する市民に、意識を変えて欲しい」
という切なる願いも抱き続けてきたのだ。

実態を直視することなく解決への道はないと判断した私は
幾度となく殺処分の撮影許可を要請した。

そして、直接の撮影行為は認められないながらも、
職員の研修用として過去に録画した映像を譲り受けることができたため、
静止画として掲載した次第である。

だが、これは立法機関を含め、
動物に対する意識レベルが低い「日本」という国全体の問題なのだが、
北海道限定の雑誌メディアでは発信力にも限界がある。
何よりも、これは「映像」として目に焼き付けなければならないものだ。
同センターにはその意義を理解して頂き、
ネットへの動画公開の許可に至った。

現在、この類の報道は「AERA」がトップランナーで、
様々な視点から頻繁に取り上げている。
また、週刊朝日は、折り重なって死んだ処分後の犬の写真を掲載、
そしてフジテレビ「ニュースジャパン」(09.9.23OA)でも
ガス注入から死に至るまでの映像を放送した。
しかし、いずれも撮影した施設の場所は「某」であった。
行政体という立場上、どこも名前だけは出してほしくないのだ。

今回、「札幌市」の名が同時に出る前提で公開を許可した
同センター所長の英断に敬意を表したい。
そして、動物を飼っている(飼おうとしている)多くの人々に、
決して安楽死ではない現実を知って頂きたい。


ひとりでも多くの人に知っていただきたく
転載お願いします

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
頭ではわかっているつもりでも、映像として現実をつきつけられ、本当にショックでした。
映像を見ながら嗚咽してる私をワンコたちがなぐさめてくれました。

人間、がんばらないといけませんね。
はっぴーさんへ
ワタシも静止画では何度か目にした光景ですが
動画となるとやっぱり冷静ではいられませんでした。
この子たち、みーんな「愛される権利」を持っています。
全てニンゲンがこの世に送り出した命。
むやみに繁殖させるニンゲン、身勝手で棄てるニンゲン。
それを助けるのはやっぱりニンゲン。

これからもお互いに頑張りましょうね!
ほんの一握りしか救えないけれど。
たったひとつの命も尊いです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カギコメさんへ
うーん なんだろう?
なんでスパムになっちゃうんだろう?
足いっぱいの人たちが何かしたのかしら?

転載ありがとうございます。
これは何度見ても苦しくて悔しくて
涙を抑えることはできません。
持ち込む人間をガス室に入れてもらいたいわ。
もがき苦しんでいけばいい。
最期まで飼い主が迎えに来てくれると信じている子たち。
だから微力ながらもお手伝いを続けるんです。

プロフィール

ぴぴら

Author:ぴぴら
典型的B型人間。
人間にかける手間は惜しむが
ワンズのためならエンヤコラ~
微力ながら小さな命を助けるお手伝いをしてます

辛い食べ物が大好き!


☆ワンズ☆

◇ぴよち ♂ 2001年9月24日生 
まんじゅう屋への散歩以外は歩く気なし。
いつもダラダラ、布団に挟まってばかりの
ちょっと気難しいおぢさん
丸いものが怖い円形恐怖症

◇はるお ♂ 2006年9月4日生
ベタベタ星から来た超甘ったれ。
えらそうにしているが、実はヘタレ。
散歩の気配を察知すると家中を逃げ回って抵抗する
意外に素直で愛想はいい

お知らせ
東北地震犬猫レスキュー.com 
いつでも里親募集中

あなたは知っていますか?

最新記事
ぴぴらセレクション
安全なフードやサプリいろいろあります
"

ワンズも人間も大満足!


ぴよはる大好物

何はなくともコレ1本


免疫力向上に

健康は腸内環境から!
少しお高いと感じるかもしれないけど効果はパワープッシュ!
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
幸せになった子

名前 マイキー
  2009年4月11日~2009年6月6日滞在
ワイヤーダックス
保護時の推定年齢6~8歳 ♂
とにかく性格が良くて、おりこうさん。 おとなしいけど実は強く、すぐにボスの座をGET!
埼玉県上尾市のO様宅で3ワイヤーのボスとして幸せに暮らしています

マイキーのその後はリンクにある
おひげワンズ短足パパ でご覧いただけます

福太郎

名前 福太郎
2009年11月6日~2010年2月6日滞在
ミニチュアダックスロング
繁殖場よりレスキュー 保護時推定9ヶ月 ♂
おっとりまったりの究極の癒し犬。
ダックスらしからぬ性格で、出会う人をみんな虜にしてしまう罪なヤツ
千葉県浦安市のN様宅でニンゲンのお兄ちゃんふたりと楽しく暮らしています

福太郎のブログはリンクにある
とっとこまったり福太郎 でご覧下さい

抱っこして

名前 ガブリエル
2010年4月1日レスキュー
ワイヤーダックス
保護時の推定年齢3歳
まじゅままの預かりを経て、東京都北区のケーキ屋さんの王子様に。
それはそれは甘~い毎日を送っています。

Q助4

名前 がんも(仮名Q助)
2010年4月28日レスキュー
ミニチュアダックスロング
保護時の推定年齢5~6歳
ぴっぱ家預かりの代理預かり日記
神奈川県横浜市のK様のお宅で一人っ子として
優雅な暮らしを満喫しています。

笑顔

名前 セブン(仮名てん)
2010年6月5日 繁殖場よりレスキュー
ワイヤーダックス
保護時の推定年齢5歳
まじゅままの預かりを経て
群馬県高崎市で猫ちゃんと一緒に
スローライフを満喫しています

名前 金之助(仮名はじめ)
2011年3月11日 愛護センターよりレスキュー
シーズーミックス
保護時の推定年齢 3才
東京都目黒区O様の一人息子として
家族の中心で癒し犬として大活躍中

ぴぴらへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天ランキング
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。