*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よかった!
福島第1原発:警戒区域内のペット保護へ 必要あれば除染 


福島県は27日、東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内への立ち入りを禁じる「警戒区域」にいる犬などのペットを28日~5月2日に保護すると発表した。
野放しにされたり、衰弱している犬を優先的に捕獲する。
スクリーニング検査をして必要があれば除染し、県内の保健福祉事務所などで保護するという。

県によると、警戒区域内にいる狂犬病予防法に基づく登録犬は約5800頭だが
正確な頭数は分からないという。
飼い主が分かれば市町村を通じて連絡し、居住先が決まれば返す。
県のホームページで保護したペットの特徴を公開する予定。

(毎日新聞より)





20キロ圏内でペット保護へ…獣医師立ち入り


福島県は、福島第一原発20キロ圏内の警戒区域にいる犬などペットを保護するため、
28日から獣医師の県職員らが同区域に立ち入ることを決めた。

ペットは保健福祉事務所で一時預かり、
県のホームページに写真や収容場所を掲載して飼い主に引き取ってもらう。
28日は南相馬市小高区と葛尾村で、市長、村長の許可を得て実施する。

県によると、警戒区域内で登録されている犬は約5800匹。
先に国が公表した警戒区域への立ち入り許可基準では、
ペットの持ち出しは別途検討するとしていたが、
保護を求める要望が相次いだため、まず県独自で保護することにした。
一時帰宅の際のペットの扱いは別途検討される。

獣医師らは2班計10人の態勢で、防護服やマスク、線量計を身に着けて作業にあたり、
ペットの被曝放射線量が高い場合はシャワーで全身を洗い流す「除染」を行うという。


(読売新聞より)




たくさんの方が警戒区域内の保護についての要望を

行政や原子力保安院などに送ったことが

比較的早い時期での動きに繋がったのだと思います。


現地で保護活動をされている方々にとっては

何度も給餌に通い、「次はキミを保護するからね」と

約束してきた子たちが

立ち入り禁止になったことで、助けられなくなったことが

本当に悔しくてしかたなかったことでしょう。


でも諦めることはできない。


ずっと立ち入り禁止区域近辺で犬たちを呼びながら

一生懸命保護をしている人たちもいます。

みんな元は飼い犬。

お腹空かせて、人恋しくなって警戒区域から出てくる子たちもいるのです。



その反面、原発近辺の保護活動に難色を示している人もいます。

「放射線を拡散するようなことはするな」と。


現地へ行った知人たちによると

捕獲作業をしていたニンゲンも

保護した動物も

きちんとスクリーニングを受けています。

そして除染が必要なケースはほとんどないとの事。


除染が必要な子は、きちんとよーくシャンプーして

検査をクリアして、保護してきているのです。

そこをきちんと理解して欲しい。



差別しないでください。



一日も早くまた家族で一緒に暮らせるように

頑張っている人たちを理解することも

ひとつの支援の形なのではないでしょうか。






スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

よかったよー
ほっとしました。
いつもここで一番早く情報をいただいてます。
ありがとうございます!

私達みんなの訴えで動物愛護後進国・日本がこのタイミングで対応してくれたのは早いですよね。
もちろんもっと早い段階でいろいろ手を尽くしてもらいたいが…

やはり後進国から先進国へ成長しているのだと信じたいですから。
また、日本に住むたくさんの人達の理解も深まるとよいです。
知らないことは罪ですから。

こういう時、たかが私のメール1本なんか…と思わず送るべきですよね。
千里の道も一歩から♪

とはいえ現場で活動中の皆様には感謝と頭が下がる思いです。
ありがとう!です。
mizさんへ
ホッとしたのもつかの間、
単なるパフォーマンスとも思えるような
お粗末な保護活動になってしまいましたね。
繋がれている子にはごはんもあげない、
そんなバカげたレスキューありえないっつーの。
ペット先進国のドイツではこの件に関してかなり怒りの声が上がっているようですね。
アメリカなどでも警戒区域の子たちを助けるために
たくさんの人たちが動いているようです。
物言えぬ子たちに対する対応は国自体の評価に繋がっていることを
もっとわかってもらいたいですよね。
まだ諦めずに毎日あちこちにメールしまくっているワタシです
プロフィール

ぴぴら

Author:ぴぴら
典型的B型人間。
人間にかける手間は惜しむが
ワンズのためならエンヤコラ~
微力ながら小さな命を助けるお手伝いをしてます

辛い食べ物が大好き!


☆ワンズ☆

◇ぴよち ♂ 2001年9月24日生 
まんじゅう屋への散歩以外は歩く気なし。
いつもダラダラ、布団に挟まってばかりの
ちょっと気難しいおぢさん
丸いものが怖い円形恐怖症

◇はるお ♂ 2006年9月4日生
ベタベタ星から来た超甘ったれ。
えらそうにしているが、実はヘタレ。
散歩の気配を察知すると家中を逃げ回って抵抗する
意外に素直で愛想はいい

お知らせ
東北地震犬猫レスキュー.com 
いつでも里親募集中

あなたは知っていますか?

最新記事
ぴぴらセレクション
安全なフードやサプリいろいろあります
"

ワンズも人間も大満足!


ぴよはる大好物

何はなくともコレ1本


免疫力向上に

健康は腸内環境から!
少しお高いと感じるかもしれないけど効果はパワープッシュ!
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
幸せになった子

名前 マイキー
  2009年4月11日~2009年6月6日滞在
ワイヤーダックス
保護時の推定年齢6~8歳 ♂
とにかく性格が良くて、おりこうさん。 おとなしいけど実は強く、すぐにボスの座をGET!
埼玉県上尾市のO様宅で3ワイヤーのボスとして幸せに暮らしています

マイキーのその後はリンクにある
おひげワンズ短足パパ でご覧いただけます

福太郎

名前 福太郎
2009年11月6日~2010年2月6日滞在
ミニチュアダックスロング
繁殖場よりレスキュー 保護時推定9ヶ月 ♂
おっとりまったりの究極の癒し犬。
ダックスらしからぬ性格で、出会う人をみんな虜にしてしまう罪なヤツ
千葉県浦安市のN様宅でニンゲンのお兄ちゃんふたりと楽しく暮らしています

福太郎のブログはリンクにある
とっとこまったり福太郎 でご覧下さい

抱っこして

名前 ガブリエル
2010年4月1日レスキュー
ワイヤーダックス
保護時の推定年齢3歳
まじゅままの預かりを経て、東京都北区のケーキ屋さんの王子様に。
それはそれは甘~い毎日を送っています。

Q助4

名前 がんも(仮名Q助)
2010年4月28日レスキュー
ミニチュアダックスロング
保護時の推定年齢5~6歳
ぴっぱ家預かりの代理預かり日記
神奈川県横浜市のK様のお宅で一人っ子として
優雅な暮らしを満喫しています。

笑顔

名前 セブン(仮名てん)
2010年6月5日 繁殖場よりレスキュー
ワイヤーダックス
保護時の推定年齢5歳
まじゅままの預かりを経て
群馬県高崎市で猫ちゃんと一緒に
スローライフを満喫しています

名前 金之助(仮名はじめ)
2011年3月11日 愛護センターよりレスキュー
シーズーミックス
保護時の推定年齢 3才
東京都目黒区O様の一人息子として
家族の中心で癒し犬として大活躍中

ぴぴらへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天ランキング
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。